89 歳 第 一 生命。 89歳元営業職員が19億円詐取 第一生命に報告命令 :朝日新聞デジタル

第一生命、3年前も89歳元社員を調査 不審な取引情報:朝日新聞デジタル

一 生命 89 歳 第

私自身、お客さんとの話のタネになっています。 ガンガンの第一生命保険寄りだからだ。 19億円という金額もさることながら、生保レディーの年齢が89歳と聞いて、腰を抜かした人が多かった。

18
こんなことをしていたと聞いたことがあります。 定年上限の80歳以降も「(顧客の)引き継ぎが難しい」との理由で、社内唯一の「特別調査役」の役職を与えられていた。

山口県周南市の第一生命(89)の元従業員(事件が発覚するまで働い...

一 生命 89 歳 第

8月12日に告発を受理した山口県警本部は「告発の事実の立証に向けて捜査を進めていく」と公表した。 北九州には地元の銀行がなく北九州支店の廃止論が出ていた。

2
・営業は、2人で行くことが多いです、被害者の家に、保険外交員も同伴していたようです。

19億円だまし取った第一生命の89歳「女帝」…その素顔を知人たちが明かす(日刊ゲンダイDIGITAL)

一 生命 89 歳 第

「第一生命」の山口県周南市の拠点に在籍していた89歳の元女性社員は、架空の取り引きを顧客に持ちかけ、金をだまし取ったとされ、被害にあった顧客は少なくとも24人、被害額は合わせて19億5100万円に上っています。 地元に変化をもたらすことができる裕福な人々、有名な家族、顧客がたくさんいたと思います。 また元職員が借用証書を作成した際、第一生命の従業員が同席していたとしている〉 〈第一生命側は答弁書で「同席の事実はない」と反論し、「元職員が個人的に行った詐欺行為。

20
山口県周南市で起きた第一生命の巨額詐取事件は、被害者弁護団も結成され、少しずつ、「女帝」と呼ばれた老女の素顔も見えてきた。

19億円だまし取った第一生命の89歳「女帝」…その素顔を知人たちが明かす(日刊ゲンダイDIGITAL)

一 生命 89 歳 第

彼女は、第一生命の中では特別な存在で、専用の部屋や彼女専任のスタッフが配置されるなど、役員クラスのような特別待遇を受けていました。 だれも何もいえない社員がいる組織は健全ではありませんが、どこにでもいるので特別特殊なケースとは思いません。

4
さらに一人約1億円もの金額を出資させていたということも耳目を集めているようです。 しかし、金融庁が実態把握のために同社から受けた報告などによると、地元の山口銀行が2017年、特別枠などについて第一生命へ問い合わせていたとわかった。

第一生命 89歳の元社員 特別な肩書で客を信用させ19億円詐取か

一 生命 89 歳 第

元社員は、保険の営業成績が極めて優秀だったため、本来なら契約が更新されない85歳をすぎても「特別調査役」という肩書を与えられ、勤務し続けていたということです。 女性は保険の営業社員として、本社の適性判断を受けて契約を毎年更新される立場だが、不審な情報が見過ごされ続けた。

4
問題は、その勧誘の方法だった。 その中で、銀行の頭取とつるんで多くの保険契約を獲得していた女史がいました。

「19億円詐欺事件」第一生命89歳保険外交員の逮捕に「地元・山口の名士」騒然

一 生命 89 歳 第

山口県の事務所に在籍していた89歳の元社員は、少なくとも24人の顧客に架空の取引を持ちかけていたとされ、被害額はあわせて19億5,100万円にのぼっている。 会社では、問題の経緯や社内の管理態勢などの調査結果と「特別調査役」の廃止を含む再発防止策をまとめ、週明けにも金融庁に提出する方針です。 地元の有力企業に行くと、顔パスで受付を通過。

6
これを見ていきましょう。 この頭取の紹介から、銀行の支店長、地元財界、医師会などにどんどん人脈を広げ、接待などで親交を深め、契約を増やしていった。

19億円だまし取った第一生命の89歳「女帝」…その素顔を知人たちが明かす

一 生命 89 歳 第

周南、特別調査役、80代となればやはりS下か。 それが今回、発覚したわけです。 名前以外はほぼ実話といわれる。

2
彼女は、業界トップ中のトップ、全国屈指の敏腕セールスレディで、「雲の上の存在」・・50年の勤務年数からも、大金持ち・億万長者だったと思います。 当時は県議だった藤井律子周南市長もパーティーに来ていた。

【第一生命】80代の元保険外交員(生保レディ)は誰で名前と顔写真は?

一 生命 89 歳 第

それほどまでの権力を持ってる人ですからね。 元職員への優遇ぶりは際立つ。 専用の相談窓口の電話番号は 03-3359-0613 山口県の弁護士への問い合わせ先は 080-2798-1684 メールアドレスは「daiichiseimei@higaibengodan. 第一生命は7月3日付で元社員を解雇し、8月に山口県警へ詐欺容疑で刑事告発した。

20
「読売新聞」(10月23日付夕刊社会面)の記事は異彩を放つ。

19億円を不正詐取した第一生命の89歳・元営業職員は、山口銀行の“女帝”だった

一 生命 89 歳 第

母親の死亡保険金5,000万円をMに騙したられたのです。 同社によると、元職員は山口県を拠点に50年以上保険販売に携わってきた。

2
この 元保険外交員は80代で山口県周南市の西日本マーケット統括部徳山分室に勤務していたということです。 うちの上司も、私たちにこう言え、という指示は受けていないようです。