家族 ゲーム 結末。 家族ゲーム

家族ゲーム 結末の最終回のあらすじ紹介

ゲーム 結末 家族

茂之は合格し、両親から感謝される形で吉本は沼田家を去ったが、その口調に以前ほどの迫力が無くなっているのを慎一は見逃さなかった。

4
そして、茂之は、自分をイジメていたグループのリーダーを、今度は自分がイジメてしまった。

映画「家族ゲーム 」ネタバレあらすじと結末・感想|起承転結でわかりやすく解説!

ゲーム 結末 家族

何人つけても茂之は問題児なので、家庭教師はすぐに辞めます。 茂之が吉本によって受験戦争に勝つというストーリーを示しながら、茂之の本質は何も変わっていないことを象徴するようなラストだった。

製作:佐々木志郎、、佐々木史朗• しかし、蓋を開けてみると、オリジナルのキャラクターを作っていて、作品全体としてもなかなか見応えのある内容になっている。 刊行情報 [ ]• ていうか、映画版に松田洋治が出ていたと覚え間違いをしている人が意外と多いのも事実だ。

映画『家族ゲーム』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

ゲーム 結末 家族

この時に家庭教師の吉本を演じたのは鹿賀丈史。 やがて茂之の成績は徐々に上がっていきます。 無言で片付ける伊丹たち) 再生の機会を得て、大団円・・・、と終わるのではなくて、森田芳光監督 の皮肉で意地悪い目は、ラストのヘリコプターの大音量(それは、未来の 暗示であり、他者に目を向ける目の象徴)に対して、二人の息子はいぎた なく、まどろんでいる・・・。

17
このドラマの企画が発表された時、さすがに森田芳光監督の映画版で主演した松田優作のイメージが強いせいか、櫻井翔には向かない役なのではないか、という声も多かった。 原作でも、吉本の目的がまったく描かれていないわけではなかった。

櫻井翔主演『家族ゲーム』注目の結末は!? 原作、映画、ドラマを比較検証してみた(1/3)

ゲーム 結末 家族

第57回(1983年)日本映画ベストワンなどを受賞した。 向き合わない家族の極致。

3
監督賞:森田芳光• アンタは第2の真田宗多(吉井一肇)や吉本荒野(忍成修吾)を生まないために、8年前、ここで自分を殺した」と告げた。 凄みのある話し方と共にビンタも厭わない厳しい態度で勉強を教える。

映画『家族ゲーム』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

ゲーム 結末 家族

沼田一茂(板尾創路)は「3つ目?」と驚いた。 。 ついには両親の態度の変化に耐え切れず、「選手交代」と吐き捨てて学校にも行かなくなってしまう。

17
茂之は勉強が好きではなく、成績もよくありません。

映画『家族ゲーム』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

ゲーム 結末 家族

そもそも原作は30年以上前のものなので、受験戦争が背景にあったし、一般家庭の象徴は団地という時代の物語だった。 同時に、一時的な強制で成績は良くなっても、自分のやり方では人間を変えることは出来ないと思い知る。

11
沼田家は横一列に並んで、いつも食事をとります。

「家族ゲーム」のラストシーンの決定的な解釈について

ゲーム 結末 家族

スタッフ(映画) [ ]• ただ、すべてまるく収まるハッピーなラストでは、『家族ゲーム』ではなくなってしまうような気もする。 しかし、長男・沼田慎一(神木隆之介)の攻撃は全てかわされ、長男・沼田慎一(神木隆之介)は転倒してしまう。

8
では榎本貴史 役としてゲスト出演している• 助監督:、酒井直人、• 冒頭の朝食シーンからしてやたらと咀嚼音がでかい不気味なスタート。 全部、アンタのせいなんだよ」と言い、吉本荒野(櫻井翔)を何度も殴りつけた。

櫻井翔主演『家族ゲーム』注目の結末は!? 原作、映画、ドラマを比較検証してみた(ウレぴあ総研)

ゲーム 結末 家族

訪ねてきた慎一に美栄子を内線電話で取り次ぐ。 趣味は、レザークラフトらしく手の空いた時間にテーブルに材料を並べて木槌で叩いている。 その後に展開された家族全員が家の中をメチャクチャにしていくシーンは、映画版の有名なラストを彷彿とさせるものだった。

5
一方、帰宅した沼田佳代子(鈴木保奈美)は荒れ果てたリビングの掃除を始めた。 となると、はたしてフジテレビ版の結末はどういうものになるのだろうか。

家族ゲーム

ゲーム 結末 家族

引っ越してきてから初めて挨拶してくれた住人が千賀子だったことから、千賀子を相談相手として部屋を訪ねてきた。

17
「家族ゲーム」(1982年1月、集英社)• それでも沼田家には、またぼんやりとした日常が訪れるというシュールな終わり方だった。