ヴィアバス ストップ。 「ヴィア バス ストップ」1月に5店舗の営業終了、オンラインストアも閉鎖 (2021年2月2日)

ヴィア バスストップ (VIA BUS STOP)の店舗・ショップ

ストップ ヴィアバス

オンワードホールディングスがセレクトショップ「ヴィアバスストップ(VIA BUS STOP)」の事業を終了する。 今の若い人にとっては、ファッションセンターしまむらの関連会社かと思う人もいるだろうが、全然別の会社だった。

3
1月7日に東京ミッドタウン店、12日に梅田大丸店、24日に渋谷PARCO店、31日に新宿高島屋店とJR名古屋高島屋店、オンラインストアの営業を終了するなど閉店が相次いでいた。 1月からオンラインストアの閉鎖や実店舗の閉店が続いており、残り4店舗となっていた。

ヴィア バス ストップ 大丸梅田店

ストップ ヴィアバス

Area銀座• あのアコーディオンの蛇腹のように、儲かっている時には目一杯広げて様々な可能性を探り、儲からなくなったら蛇腹を閉めて効率を重視したケチケチ経営を行う。 この「バスストップ」の存在によって、新進デザイナーの一人にすぎなかったジャン=ポール・ゴルチエ(Jean-Paul GAULTIER)を支援することで絆が生まれたし、マーク・ジェイコブス(Marc Jacobs)さらには「前衛」の域にまで達しているフセイン・チャラヤン(Hussein Chalayan)を援助して代官山に路面店までオープンしていたほどなのである。 こうした算盤尽くの筋金入りのケチ山マンが支配する面白くもないアパレル会社にオンワードホールディングスは今後はなってしまうのだろうか。

6
というわけで完全にヴィアバスストップは消える。

20周年ヴィア バス ストップが「原点回帰」青山に路面店オープン

ストップ ヴィアバス

朝に紅顔あって夕べに白骨となる。 儲からないファッション派はもちろん分が悪いのだが、それでも社内にその命脈は保たれていた。

1月7日には東京ミッドタウン店、12日に梅田大丸店、24日に渋谷PARCO店と立て続けに店舗を閉店した。

「ヴィア バス ストップ」1月に5店舗の営業終了、オンラインストアも閉鎖

ストップ ヴィアバス

SHOP KINDフリマ会場、 SHOP KINDセール会場、 SHOP KINDセレクトショップ、 SHOP KIND百貨店・ショッピングモール、 SHOP KINDアウトレットモール、 SHOP KINDドラッグストア、 SHOP KINDエステ・スパ・サロン、 SHOP KIND旗艦店、 SHOP KINDインテリア専門店、 SHOP KIND路面店、 SHOP KINDアウトレットショップ、 SHOP KINDその他、 SHOP KINDリサイクルショップ、 SHOP KINDホームセンター、 SHOP KIND直営店、 SHOP KIND化粧品専門店• Area梅田•。 ヴィア バス ストップは1994年にスタート。 である。

そんな中の一つが、ヴィアバスストップである。

ヴィアバスストップが全店閉店へ

ストップ ヴィアバス

特にこの「ヴィアバスストップ」は、ファッション企業オンワードの原点にあたる存在だ。 ヴィア バス ストップは1994年にスタート。 色々なブランドの洋服が一度に見比べることができるのですごく便利だと思います。

7
奥田彰は2011年に62歳で急死してしまう。 もうあと3カ月ほどで51歳になるわけだが、自分よりも年配の業界人の方々の感想は知る由もないが、同年配の人たちにとっては90年代後半~2000年代前半が一番ファッションが面白かった時期ではないかと思う。

「ヴィア バス ストップ」全店舗閉店、代官山の路面店が20日に営業終了:マピオンニュース

ストップ ヴィアバス

SHOP KINDフリマ会場、 SHOP KINDセール会場、 SHOP KINDセレクトショップ、 SHOP KIND百貨店・ショッピングモール、 SHOP KINDアウトレットモール、 SHOP KINDドラッグストア、 SHOP KINDエステ・スパ・サロン、 SHOP KIND旗艦店、 SHOP KINDインテリア専門店、 SHOP KIND路面店、 SHOP KINDアウトレットショップ、 SHOP KINDその他、 SHOP KINDリサイクルショップ、 SHOP KINDホームセンター、 SHOP KIND直営店、 SHOP KIND化粧品専門店• これはヴィアバス、ひいては展開しているオンワードファッションラボの考え方もあったのだろうが、恐らくはネットを使っての自社発信ということにほとんど興味もなく、効果があるとも思っていなかったのだろう。 それ以外の選択肢というのはあまりなくて、コアな人は小規模ブランドに行くか、金持ちの人はハイブランドに行くか、ではないかと思う。

その場合は閉じざるを得ないが、それでも「リニューアル中です」という告知はする。