昭和 48 年 西暦。 UMIN|和暦・西暦・年齢対照表

昭和

48 年 西暦 昭和

満洲では日本とソ連は昭和14年のなどで衝突した。 日本はアジアにおける権利の正当性を訴えるため、(昭和18年)10月、東京でを開き、自主独立、東アジア各国の相互協力などを謳ったを発表した。 田中内閣と山東出兵 [ ] 田中内閣は、張作霖を動かして満蒙での諸懸案の解決を図ろうとして3回 に及ぶを行い、東京で外交・軍部関係者を集めてを開き、の利権を死守することを確認した。

陸軍は国防充実12か年計画 、海軍は第二次補充計画 を立てた。 歴史資料ではは社会主義による急進的な変革は望まなかったが、である片山哲の人柄に好感があり、労働問題で日本社会党が支持を得た民意に一定の理解を持っていたとする宮内庁の文書の記述がある。

和暦・西暦早見表|MONEYKit

48 年 西暦 昭和

第23師団は全滅に近い壊滅状態であった。 人権尊重の精神にもとづき主義、を認めるなどの改正。

18
(昭和33年)7月から〜(昭和36年)12月までの好景気を指す。 天皇のから国民への奉仕者としてのを制定させた。

年齢早見表|昭和23年生まれ

48 年 西暦 昭和

エネルギー問題 [ ] 高度経済成長の進展とともにがからへ転換するが開始されて、これまで有力産業の一つであった炭鉱業界の合理化が迫られて(昭和34年)〜(昭和35年)にがあった。 兵器・戦略物資の損失を補充するための財政力、工業生産力ともにアメリカの数十分の一でしかない日本の戦況は、目に見えて悪化していった。 は(昭和45年)の出来事で通称は大阪万博である。

8
アメリカ、イギリスはを制定し、自陣営をと称し、日本、ドイツ、イタリアのと対抗した。 昭和戦後期に日本の村社会にある差別問題を提起して、日本社会党の政党組織と協力してを行い、地域の集落間の格差改善と集落の改良事業を行った。

和暦西暦対応表

48 年 西暦 昭和

この事件後、陸軍当局は「精神力と並んで物力も顧慮しなければならぬ」と異例の談話を発表した。

太陰暦(旧暦)の「明治5年12月3日」を「明治6年(1872年)1月1日」と定める。 1941年(昭和16年)(現地時間)、午前6時30分に航行制限区域に侵入した特殊潜航艇が撃沈される「ワード号事件」、の後、はを行った。

年齢早見表|昭和48年生まれ

48 年 西暦 昭和

左翼運動 [ ] 一方、都市出身者や金銭的に余裕のある者は高校と大学へ進学して、高等教育の大衆化が進んだ。 (昭和29年)からが開始されて、による繊維産業の好景気があり、以下の経済現象がありとを繰り返しながらは順調に成長した。 国内の文化・思想に関しては、が強化されるに伴ってによる思想弾圧が目立ち、昭和12年には・らの労農派の関係者がの結成を企図したとして検挙されるが起こった。

12
政府は孤立化による国民感情の悪化を懸念したが、予想に反してこの決断は日本の意思を貫いた行為として賞賛された [ ]。

年齢早見表|昭和48年生まれ

48 年 西暦 昭和

()が終結した(昭和20年)或いはされた同年()を境にしてとに区切ることがある。 こうして()が開戦し、日本はへ参戦することとなった。 9日深夜に開かれた御前会議でも両案が対立したが、昭和天皇の裁断によって「天皇の地位の保障のみ」を条件に付けることが決定された(昭和天皇自身が天皇としての地位保障を求めたわけではない)。

18
中心のから中心の社会となり日本国有鉄道はを中心に経営となった。 金の卵の時代 [ ] 急速なに合わせて高齢化の進行となどの減少が進み、都市の人口の急増が進んで日本の人口はさらに増加した。