横浜 市営 バス 路線 図 時刻 表。 横浜市営バスの路線図、時刻表、運賃、定期券

横浜市営バス|バス時刻表やバス停検索|路線バス情報

時刻 路線 横浜 バス 市営 表 図

高速道路建設• 10・14・17・18・33・38・41・54・57・61・73・99・107・109・202・302系統の一部区間を廃止又は経由地変更• 滝頭営業所にはハイブリッドノンステップが配置されている。 (始)• 5:その他メーカー• : 鶴見乗合自動車の買収契約を締結、同年7月1日より市営バス路線として運行開始• 特に市電ではこの傾向が顕著で、度(昭和39年度)からは輸送人員・収入ともに減少に転じ、市営バスの輸送人員が市電のそれを上回るようになっている。 有料道路を経由していた109系統については、開設当初から横浜ベイブリッジ()区間を乗車する場合に大人230円・小児120円とする割増料金が設定されていたが 、一般道路経由への変更に伴いこの割増料金制は廃止された。

: 横浜大空襲により浅間町車庫を中心に壊滅的被害 、バス53台焼失• 好評につきこれ以後も継続的に同様のツアーが企画されることとなり、2013年10月現在この廃車作業立ち合いツアーは第12回目まで計画・開催されている。 しかし協定締結後もしばらくは安定とはいかず、神奈中と井土ヶ谷 - 六ッ川線の路線免許申請で競合してしまい、運輸省の仲裁により結局神奈中が路線を開設することとなったり、相鉄が23路線・93kmの大規模な路線申請をした際、前述の協定に違反するとして大きな問題となるなどした。

十日市場駅 横浜市営バス時刻表、東急バス時刻表、神奈中バス時刻表、ふれあいバス時刻表

時刻 路線 横浜 バス 市営 表 図

jp-relatedposts-post-img, jp-relatedposts. 市営バスは路線の拡大を図るべく(昭和4年)に計23路線の申請をしているが 、これに対し後から申請した各民営バスの路線が先に認可されるなど、当時路線の許認可を取り仕切っていた県や鉄道省の理解は得られず対立していた。

2
附番には規則性はなく(後述) 、また一部において同一の系統番号でも運行区間が殆ど異なる路線があったり (例:23・41・45系統) 、同一区間の運行でも往路か復路かによって異なる附番であったり (例:35・50系統)と多少複雑な面がある。 32分• 29分• (始)• はまりんラッピングバスは車内の座席表地もはまりんイラストの柄となっている。

横浜市営バスの時刻表

時刻 路線 横浜 バス 市営 表 図

。 1:いすゞ自動車• 乗車料金及びPASMO等の乗車券の取扱については一般の横浜市営バス路線に準じている。 年譜 [ ] この節のが望まれています。

14
このLCD表示器では主に次停留所、行先表示、現在時刻、市営地下鉄との乗換案内、広告等を4か国語(日本語、ローマ字、中国語、韓国語)にて表示する。 パレード使用後は解体する予定だったため登録であったが、ファンからの要望で残される事になり、補強工事を施して正式にナンバーが登録され、翌年の横浜国際仮装行列から各種のイベントに用いられた。

十日市場駅 横浜市営バス時刻表、東急バス時刻表、神奈中バス時刻表、ふれあいバス時刻表

時刻 路線 横浜 バス 市営 表 図

:横浜交通開発へ61・117系統を移譲 、これに伴い当外郭団体が新たに乗合自動車事業の直営を開始• 32分• ただこの210・211・212・213系統以外の新規小型バス系統についてはいずれも僅かな赤字が続いており 、恒久的に路線運行を継続していくには経路変更などを含めた課題が残されている。

4
曜日を問わずショッピングモール営業時間の9〜21時台に30分間隔で運行されていた。 磯子営業所と緑営業所の路線運行は市交通局の外郭団体である横浜交通開発へ委託されており 、磯子営業所所管の61・70・117系統、緑営業所所管の100系統は横浜交通開発直営の路線となっている。

横浜市交通局のバス時刻表 路線/系統一覧

時刻 路線 横浜 バス 市営 表 図

保土ケ谷営業所には市内遊覧バス用のスーパーハイデッカーが在籍している。 32分• 翌24日から2006年3月27日まで野庭営業所芹ヶ谷詰所。 また、野毛山動物園Nルートの平日夕方は横浜駅へ向かわない桜木町駅発着便のみの営業とされている。

3
【路線廃止】上野駅-東鷲宮駅西口、大宮駅東口-内宿駅・春日部駅西口、春日部駅西口-岩槻駅[2020. 1990年より1行表示形式のLED電光式装置が標準仕様として採用されていたが 、2014年2月よりLCD表示器の試行運用を本牧・浅間町営業所で開始したのち、次第に現在の仕様への置換えが進んだ。

横浜市営地下鉄(横浜市交通局)の時刻表/路線図/定期代

時刻 路線 横浜 バス 市営 表 図

沿革 [ ] 横浜市営バスのはじまり [ ] 横浜市営バスの設立の発端は(12年)の襲来であった。

7
都心部強化(後の整備)• (初代)鶴見営業所 - 横浜市鶴見区生麦四丁目6-37 (1981年5月5日廃止、現 港北営業所)• 運賃 [ ] 大部分の系統が大人220円・小児110円の均一料金となっている。 後半は、ベイブリッジの下の国道357号線を渡り、山下公園・中華街・港の見える丘公園を抜け、根岸台で折り返しの後、桜木町駅へ戻る約4時間のコースであった。

横浜市営バスの時刻表、路線図や運賃などのお役立ち情報のまとめ

時刻 路線 横浜 バス 市営 表 図

を フラッと訪ね歩く番組『 』は、 毎週土曜日午後8時55分からtvkテレビで撮って出しで放送中! また近年はノンステップ車両やトルコン式オートマティック車が主流である中型ワンステップ車両の譲渡もみられる。 88系統仲町台 - 都筑ふれあいの丘 - センター南駅間運行便の廃止によるもの• important;background-color:rgba 0,0,0,. かつては一般路線用のツーステップバスも保有していたが、2013年11月に行われたさよならツアーに使用された9-4532号車の廃車をもって全車除籍となった。

2010年(平成22年)6月28日より設定。

センター南駅 横浜市営バス時刻表、東急バス時刻表、羽田空港行きバス時刻表、成田空港行きバス時刻表

時刻 路線 横浜 バス 市営 表 図

12時• 花月園競輪場シャトルバス 5-1440 2007年12月9日、鶴見駅西口にて撮影 (平成22年)まで、の開催日にを運行していた。 バス車両在籍数は市電撤去が開始された1966年(昭和41年)に600台弱であったのが市電全廃となった1972年(昭和47年)には1000台超にまで増車され、バス運転職員もこの時期には毎年200人程度採用していた。

5
1949年(昭和24年)11月、全国でも初となるバス全路線への付番が施行された。

横浜市交通局の路線/系統一覧

時刻 路線 横浜 バス 市営 表 図

系統番号 [ ] 横浜市営バスの各路線には数字のみで表される が附番されており 、営業運行車両の行先表示の左側に掲示される他、さまざまな案内に使用されている。 横浜市営バス [13] 鶴見駅前〔東口〕行• また、民間に移譲された路線はパターンダイヤになりかえって便利になったという意見もある。 運賃は大人220円・小児110円である。

5
なお、(平成15年)から(平成17年)までみなとみらい100円バスに「大さん橋・山下公園ルート」があったが、こちらは横浜港国際客船ターミナルに大型客船が入港していなくても大さん橋に発着していたほか、後に開設された路線では終日大さん橋に立ち寄る経路の運行となった。